記事一覧

2017-12-の記事一覧。

肌色映えから考える競泳水着の赤系カラー

2017-12-11(月)


前々エントリの
肌色に映える競泳水着のカラー選びの基本
に続いての、より詳しい各論に入っていきまして
今回は赤系カラーから。
プール通い、そして競泳水着に慣れてきた方は
最初の「無難」なセレクトとしての黒・紺系から
より鮮やかな色・柄に進む/進みたいと思うことが多いと思います。
で、派手で目を惹く柄はまだちょっとな〜、面映ゆいな〜、とハードルを感じる方には
無地系、ながら華やかさの加わる赤系統のカラーは
「次段階」として手を出しやすい、ですよね。
ここでは、前回の色白肌/浅黒肌にどう映えるか&ノーブル/スポーティーの基本線から
現行製品の赤系カラーを見渡してみましょう。
ハイ・レッグ、もしくはそれに準じるラインからのサンプルです。



ここ5年10年、大雑把に言えば2010年代だと
各メーカーとも(大枠で赤系と言える)ピンクやオレンジのラインナップは払底ぎみです。
で、なけなしの選択肢はレッド、ダーク・レッド、パープルとなります。
浅黒肌でかつ日灼け大好きな私が発表当初から「これはいいレッド!」と思ったのは
ミズノのストリームアクセラのこのレッド。



「真っ赤」というよりは若干オレンジもピンクも入ってそうな
明るいヴィヴィッドなこのレッドだと
肌色なら浅黒方向、シーズンなら春夏に映えますね。
本当なら(以前は割とそうでしたが)この製品のカラー・ヴァリエーションの中に
さらにダーク・レッドとかダーク・ピンクとかがあると理想的なのですが。



反対に、色白肌、秋冬、あるいは夜間の照明なんかに似合う/映えるのは
アリーナのXパイソン2の「ダークレッド」のこれ。



カラー名称の「DRGD」はダーク・レッドにゴールドのパイピングを表してます。
アリーナのカラー名称に首をひねることがあった場合のご参考までに。
ワイン風味の落ち着いた暗めの赤にゴールドを配して高級感・上品さを加味してるところに
アリーナの細かなオシャレ趣味が見えます。



パープルはある意味、赤/青/ピンクのいいとこ取りみたいな、あるいはその中間みたいな
色白/浅黒どちらにも割と合い、ノーブル/スポーティー両面持ってるカラーで
各メーカー/製品に色調の微妙なちがいはあれ割とラインナップされてます。
これも当初から目を惹かれた、アリーナのXパイソン2の絶妙のパープル。
ただこの製品のパープル、同じARN-7021Wながらずっと青寄りの画像もあるので(右)
実際に店頭で目にして確かめてからがいいかもです。

 



今回、サンプル用に「パープル、ワイン系もっとなかったかな〜?」と探してて
ひとつ行き当たった大金星の発掘は
アシックスの「レギュラー(ハイ/ミドル不明)」カットのスパーテクス素材の製品。
私が見落としてたスパーテクス(ポリエステル79%、ポリウレタン21%)もさることながら
アシックス伝統の薄色・明色で、赤系カラーとしてはレアな色味の「エンジ」と「パープル」。
ハイ・レッグ度にそれほどこだわりがない方には、選択肢として優秀作でしょう。

 



相応の根拠があってこのブログでは「冷たく」してたアシックスですが、
ひっそりと(?)頑張りを見せていたらしきこのスパーテクス製品については
近いうちに応援がてらのエントリを物してみるつもりです。

カテゴリ:アシックス

▲page top

コメント(0)  トラックバック×


▲このページのトップへ