ミズノのエクサースーツに池江璃花子コレクション

2019-03-22(金)


そろそろ気候も春めいてきて
さあ、いよいよ各社の2019年SS(スプリング/サマー)期の新リリースが続出か、
と思いきや
このブログで注視しているラインの製品 ー
ポリエステル/ポリウレタン混紡ニット、ミドル〜ハイ・レッグ・カット ー
にはこれといったものが出てなかったので
今回は少し脇道の、少し「お茶にごし」的なエントリとなります。



ミズノといえば
エクサースーツ(ポリエステル100%)や
ストリームアクセラ(ポリエステル/ポリウレタン混紡)のミディアムカットの
「寺川綾コレクション」と銘打ったオシャレ感溢れる色・柄のシリーズがありますが、
このほど(アマゾンの取り扱いベースで ’18年11月〜)
同じく競泳選手の池江璃花子ちゃんの名を冠したシリーズの発足を発見しまして、
回復/復帰の俟たれる彼女への応援もかねて
既発の6作をご紹介しておきましょう。
6作ともに3色展開ですが、全部のリンクを貼っちゃうとページが重くなり過ぎちゃうので
私が個人的に映える/着やすそうと思ったカラーを適宜、です。
なお、どの商品ページにも池江璃花子ちゃんの動画が載せてあって(ただし同一動画)
着用イメージをつかみやすいと思うのでぜひご一覧あれ。
エクサースーツは「ハイカット」がないシリーズなのですが
さすがに水泳選手の着こなしだけあって
「それほどおダサに低くない」「(初級者さんには)けっこうハイレグ」
と見えるでしょうから、なかなかの「背中押し」にもなるかもしれません。





型番から第1弾と目されるN2MA9265は
ストライプで構成されたスター柄。
幾何学模様的に抽象化したクールなアイディアで、ポップになり過ぎず大人っぽい。
こういう「言われなければそうと気付かない」ってデザイン案は
気恥ずかしさというハードルを下げてくれるので着やすさに貢献するんですね。
個人的には派手好みな私は
シックだけどさりげにセンシュアル風味のあるブラックxパープルを推します。





N2MA9266は手描きイラスト/切り絵風のマルチ色ハート柄。
ハート柄ながら、意外なくらいすっきりまとまってますが
せっかくベース地がホワイトなのを目一杯活かすなら
春夏にばっちりの明るくポップでハッピーなローズを。
(左端のブラックは画像ミスが治ってないようでご注意を 190322時点)





N2MA9267はマルチ幾何学キュビスム風。
近めだとちょっと混み合った感じの、トンガリ感が強いデザインなので
シックで着やすそうなパープルを。
遠めで見ると意外とすんなりなパターンだと思いますし、
セレブのリゾート着にありそうなゴージャス感もある大胆チャレンジが買えます。





N2MA9268は手描き風ラインでしずくモチーフをポップ&シックに。
ベースがブラックなのでネオン的にライン画が浮き出すようなシャレた狙い。
黒背景にクレヨン調ライン、みたいなクラシカルなアメリカのアニメーションを連想させます。
よく見ないと3色とも一緒のように見えますが
差し色が効いてるブラックxイエローがいちばん華がありそう。





N2MA9269は、アップにして見るとそれと分かる具象が描いてないのに
水面の波・泡・光の抽象画に見えて、綺麗でワクワク感があるというテクニカルな柄。
3色の中ではブルーが(上記の意味では)ピカイチ、ですが
秋冬含めて1年中使用にならブラックもパープルも負けず劣らずグッド。



 

取り扱い開始日(2019/1/28)から現時点での最新作であろうN2MA9270は
波打つ斜めラインで流水を抽象化したシックでもスポーティーでもある作品。
問題なく着やすそうで精悍なイメージのチャコール、
シックかつどこかセンシュアルな綺麗色のローズ、と
どっちも捨てがたいので2パターンを。



既に当ブログをご愛読いただいてる読者さんにはおなじみのことですが、
「 ポリエステル100%で塩素に強い、長持ち素材
ストレッチ性に優れて、さらにフィット感を実現
優しい肌ざわり」
みたいな文言は、もちろん
(ポリエステル/ポリウレタン混紡ではないですが)という前提あってのもの。
「素材:複合繊維(ポリエステル/ポリエステル)57% ポリエステル43%」という文面、
「ポリエステル/ポリエステル」で間違いないのでご注意を。
あるポリエステルA+あるポリエステルBの新開発素材/繊維/軸糸57%
ポリエステル43%
でポリエステル100%、って謂いでしょうから
肌触り・ストレッチ性・フィット感についてはミズノを信じて自己責任、となりますので
私個人としてはいつものように「指をくわえて見てるだけ」となってしまいます。










プライバシーポリシー

カテゴリ:ミズノ

▲page top

▲このページのトップへ