今年も安泰、どころかますます意気軒昂のスピードのミドル・レッグ

2018-03-08(木)


スピードの公式サイトを観ていたら
ミドル・レッグ・カットのラインナップの、特に色柄面でのヴァリエーションが
今年はますます充実してきてる感があったので
「ハイ・レッグはまだちょっと.. 」という読者さんのためにもご紹介しときます。
用語/名称とその絡む流れについては
過去エントリを踏襲してますので、未読の方はそちらをお先に。
ミドル・レッグならまだ本気、ミズノとスピードの新パターン
地味にながら続いてる、スピードのミドル・レッグ製品の新パターン
新パターン続々のスピード、UVフレックスのトレインカット



ミドル、というより最近はむしろロー・レッグ・カットに近そうな
スピードのトレインカットですが
ポリエステル85%/ポリウレタン15%のUVフレックスに2型番。

アメコミ調のロゴ・デザインが溌剌かつシックにもきまってる
SD58T15はホワイト/マルチ/ネイビーブルー/ブラックの4色。
UVカット云々プラス透け防止を謳ってる素材だけあって
ホワイトがやっぱり目立って購買欲をかき立てます。





未来派ポップな派手柄なはずなのにすごく巧くまとまってて悪目立ちしない見事さの
SD58T16はブルー/ブラック/ピンクの3色。
どれも惚れ惚れするので全色のリンクを。

  



エイムカット製品だと
おとなしめのフィットのフレックスΣ(ポリエステル85/ポリウレタン15)が1型番、
よりタイト・フィット(ポリエステル80/ポリウレタン20)のファストスキンXT-Wの2型番。

フレックスΣのSD48B23はドウアカ/エドムラサキ/ルリの3色。
ガラス工芸/着物で使われる切子細工をモチーフにしつつ
むしろアブストラクトでモダンなおしゃれ感のある好デザイン。
ドウアカ(銅赤?)はちょっとクセが強いので絶品キレイ色のエドムラサキとルリを。

 



ファストスキンXT-WのSD48B12はブルー/レッドの2色。
パタゴニアあたりのワイルドな自然の風景を全面プリント、の
大胆そうで意外となじみのいいパターン。
こういうのは往時のアリーナ、スピードはお得意でした。
オレンジ/レッドがアクセントになるレッドのほうが個人的には好みです。





同様にファストスキンXT-WのSD48B15は
ブルー/ジェイド/ブラック×グリーン/ピンクの4色。
これまた全盛期を想わせるエレクトリック/サンダー&波紋の全面パターン。
これは今期の快心の一撃でしょうね、4色どれも欲しくなります。
ページが重くなりすぎてしまうので、泣く泣くブルーとピンクだけを。

 



UVフレックスにせよフレックスΣにせよファストスキンXT-Wにせよ
ポリエステル/ポリウレタン混紡ニットものは
おそらくはスピードが「ファン」である一般スイマーの要望に応えて
頑張って残したり、意外な好評ゆえに拡張したりしてるライン/シリーズです。
時代の流れに抗してポリウレタンを33%まで上げてきた
アリーナ(Xパイソン2)とまではいかないまでも
スピードが末永く、この辺のプロパー一般スイマー向けを失くさないでくれますように!






にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ  
にほんブログ村


プライバシーポリシー

カテゴリ:スピード

▲page top

▲このページのトップへ