肌色に映える競泳水着のカラー選びの基本

2017-10-14(土)


このブログでは、過去エントリの大部分を費やして
競泳水着特有のサイジングの基本を語ってきましたが、
今回(そして以降も何回か)はちょっと目先を変えて、カラー選びの基本について。
というのも、競泳水着というのは
見る分で「欲しい!」となるカラーと
実際に着てみて気分的にぴったり、自分に似合ってる、となるカラーの間に
思いがけないギャップが時に存在するウェアだからです。
これは、着た時に見えてるのが自分の肌とウェアしかないという
通常のアパレル製品とは大きく異なる特質ゆえですね。




で、あくまで概論程度にとどまらざるを得ない初回の今回は
色白肌と浅黒肌、両極端な2極の肌色を想定して、序論としてみましょう。
どっちとも言えない、その中間という人は
むしろどっちもOKというお得なタイプの人なので「ご参考までに」となります。
厳密には、色白 - 中間 - 浅黒の3極にさらに中間を想定して5段階に分けて
自分はどこにいちばん当てはまるかなと考えると論が役立つと思います。
ちなみに、私自身はきっちり浅黒肌なので
反対に色白肌の人のお悩みポイントも
スイマー同士のトークからよく知っているつもりです。



今回の叩き台としてちょうどいい商品ページを見つけたので、まずはそこから。
全部がミズノのストリームアクセラのハイカットで
ブラック、ネイビー、バイオレット、ブルー、レッドの単色が揃ってます。
(カブってるのはよく売れるサイズ帯での分割でしょう)

  

 

恣意的に、上の段の3つ(ブラック、ネイビー、バイオレット)と
下の段の2つ(ブルー、レッド)に分けてみましたが、
ずばり、上段3つと下段2つ、どっちが色白肌/浅黒肌に似合うグループだと思いますか?
(シンキング・タイムあって)
答えは割と簡単かとは思いますが
上段が色白肌、下段が浅黒肌に似合うカラー、というか色味、ですね。



これはこの製品のそれぞれのカラーがたまたまそういう色味であるってだけですが、
上段が濃くて暗色であるのに対し、下段は薄い(というかパキっとした)明色ですね。
で、先述のとおり、着用時に見えているのは肌とウェアだけという場合、
白い肌に明るく薄い色というのは
どうしても寂しく非・健康的に見えてしまうきらいがあるのです。
ゆえに(あくまで一般論・基本論としてですが)
色白肌の人は色白であればあるほど深く濃く暗い色を選んだほうが
肌と水着の色のコントラストがはっきりと出てお互いを映えさせ
綺麗に、なんならノーブルに見えて「よりオシャレ」「より魅力的」に見えると言えます。



となると、下段が浅黒肌に似合うというのもすんなり来るのではないでしょうか。
日灼けした元気っ子みたいなイメージでパキっとした明色が無理なく似合うのは浅黒肌で
性格やパブリック・イメージ戦略や年齢とはまた別に
「健康的でスポーティー」みたいなせっかくの好イメージは活かしたほうがいいのです。



ごくごくおおざっぱな序論どまりになったかとは思いますが、
基本的なカラー選びの目安としてなら
色白肌 - ノーブル、浅黒肌 - スポーティー というのが
心理的なイメージ標準から導き出される基本戦略になると思います。
でもそうなると、たとえば
「色白だけど明るいブルーは着ちゃいけないの?」とかなっちゃいますね?
そういうところをおいおい以降のエントリで個別に詳しく採りあげていきたいです。
ちなみに、今回最後にひとつだけ言っときますと
浅黒肌、もしくは夏で日灼けして真っ黒みたいな時には
意外なことに黒の競泳水着がばっちり似合うものです(矛盾するようですが)。







にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ  
にほんブログ村


プライバシーポリシー

カテゴリ:未分類

▲page top

▲このページのトップへ